ゴルフ ダークブラウンノヴォカーフ - ダービー J.M. Weston
First name is required!
Last name is required!
First name is not valid!
Last name is not valid!
This is not an email address!
Email address is required!
This email is already registered!
Password is required!
Enter a valid password!
Please enter 6 or more characters!
Please enter 16 or less characters!
Passwords are not same!
Terms and Conditions are required!
Email or Password is wrong!
Pas en vente

ゴルフ
ダークブラウンノヴォカーフ

J.M. Weston Icons

5アイレット、レースアップの伝統的なダービーシューズ。丸みのある形と独特なエプロンの形が都会的な雰囲気を与えている。

MAINTENANCE TIPS

あなたの靴の将来は、今のあなたの手にかかっています。愛情を注いで大切に扱ってください。まず、専用のアクセサリーを揃えるところから始めましょう。木製のシューツリーは、靴の形を保ちながら、靴の湿気を取り、乾燥させてくれます。シューズブラシは革の汚れを落とし、輝きを取り戻し、清潔に保ちます。シュークリームは、革に栄養を与え、やわらかくし、革の色や風合いを取り戻します。手入れの行き届いた靴をあわせることでファッション全体のシルエットを完成させる。洗練された大人の習慣です。

NEWS

THE ULTRA WESTON KNOW-HOW

続きを読む
閉じる
SEPTEMBRE 2017

本物のノウハウによって出来上がる靴を世界の偉大な人物たちに履かせたい。 そんな大志を抱き、ジェイエムウエストン創業者の息子ユージェーヌ・ブランシャールはウルトラ・シュー コレクションの製作に踏み切ります。20世紀初頭、生産性の向上ばかりを優先する傾向にあった当時の世間の考え方とは相反する方向性でした。

靴製造のノウハウの神髄、極限まで押し上げられた技術、そしてデザインの洗練。ユージェーヌのクリエイションを心から讃えて、ミッシェル・ペリーは現代に再びウルトラの名を持つコレクションを生み出しました。パールグレーのウェルトステッチ、手塗りのソールアーチ、深みのある滑らかさや手作業で描くWの飾り釘など...あらゆるディテールが、このコレクションを際立たせています。

ミッシェル・ペリーが今日オマージュを捧げるのは、ユージェーヌが靴製造にかけた情熱です。 こうして誕生した4つのモデルには、孤高のエレガンスと新たに表現された普遍性、「超越した(Ultra)」男性の哲学が宿っています。

.

続きを読む
閉じる
JUIN 2017

20世紀後半を代表する芸術家であるイヴ・クラインは、当時の芸術の概念を覆すような、並外れた独自の視点を持つ哲学者でもありました。目に見えない美を捉え、人生のすべてを芸術に捧げる新しい芸術家としてのあり方を模索し続けました。彼のユニークでアヴァンギャルドな視点が、創造性とクラフツマンシップ、そして品質に価値を置く伝統的なシューメーカー、ジェイエムウエストンのブランド哲学と交差しました。

ジェイエムウエストンは2016年春、イヴ・クラインと手を結びブルーのスエードカーフを使用したル・モックを発表しました。そして1年後、新たなクリエイションが生まれました。ジェイエムウエストン クラインブルー®スニーカー。男性・女性ともにマストハブアイテムの一つ、スニーカーはドレスコードを再解釈し新たな芸術作品を創り出すのに最適なアイテムと言えるでしょう。

テニスコートのパリ

続きを読む
閉じる
MAI 2017

コートの上で、挑戦的に見つめ合う2人。
戦闘態勢に入り、互いの動きをじっと伺って・・・本能的に繰り出される、自由でありながら統制のとれたシャープで正確な身のこなし。1つの共通の望みが2人の動きを対称的なものへと導きます。それは、クレイコートの上の勝者となること。

「テニスコートのパリ」のダイレクター、ニールズ・カスティヨンが狙ったのは、試合のエネルギーとテニスの身のこなしの美しさをダンスで表現すること。
フィルムはル・モック ローランギャロスをフィーチャーしています。ル・モック ローランギャロスは同じ生まれ年を持つ伝統的なシューメーカーとパリのトーナメントがコラボレートすることにより誕生しました。振付師のマリオン・モタンはダンサーのレオ・アンシュエルケとともにセーヌ河岸からローラン・ギャロスのセンターコートへと向かいます。競技場に姿を変えたパリの街で繰り広げられるリズミカルなパフォーマンスはル・モックの優美さと軽さを引き立てています。


Fermer x