First name is required!
Last name is required!
First name is not valid!
Last name is not valid!
This is not an email address!
Email address is required!
This email is already registered!
Password is required!
Enter a valid password!
Please enter 6 or more characters!
Please enter 16 or less characters!
Passwords are not same!
Terms and Conditions are required!
Email or Password is wrong!

.

続きを読む
閉じる
2017年6月

20世紀後半を代表する芸術家であるイヴ・クラインは、当時の芸術の概念を覆すような、並外れた独自の視点を持つ哲学者でもありました。目に見えない美を捉え、人生のすべてを芸術に捧げる新しい芸術家としてのあり方を模索し続けました。彼のユニークでアヴァンギャルドな視点が、創造性とクラフツマンシップ、そして品質に価値を置く伝統的なシューメーカー、ジェイエムウエストンのブランド哲学と交差しました。

ジェイエムウエストンは2016年春、イヴ・クラインと手を結びブルーのスエードカーフを使用したル・モックを発表しました。そして1年後、新たなクリエイションが生まれました。ジェイエムウエストン クラインブルー®スニーカー。男性・女性ともにマストハブアイテムの一つ、スニーカーはドレスコードを再解釈し新たな芸術作品を創り出すのに最適なアイテムと言えるでしょう。

テニスコートのパリ

続きを読む
閉じる
2017年5月

コートの上で、挑戦的に見つめ合う2人。
戦闘態勢に入り、互いの動きをじっと伺って・・・本能的に繰り出される、自由でありながら統制のとれたシャープで正確な身のこなし。1つの共通の望みが2人の動きを対称的なものへと導きます。それは、クレイコートの上の勝者となること。

「テニスコートのパリ」のダイレクター、ニールズ・カスティヨンが狙ったのは、試合のエネルギーとテニスの身のこなしの美しさをダンスで表現すること。
フィルムはル・モック ローランギャロスをフィーチャーしています。ル・モック ローランギャロスは同じ生まれ年を持つ伝統的なシューメーカーとパリのトーナメントがコラボレートすることにより誕生しました。振付師のマリオン・モタンはダンサーのレオ・アンシュエルケとともにセーヌ河岸からローラン・ギャロスのセンターコートへと向かいます。競技場に姿を変えたパリの街で繰り広げられるリズミカルなパフォーマンスはル・モックの優美さと軽さを引き立てています。


LE MOC’ WESTON 2017 FOR MEN

続きを読む
閉じる
2017年4月

ジェイエムウエストンは新作ル・モックで暖かな日の到来を迎えます。
これからやってくる新しい季節に向けて、アーティスティック・ディレクターのミッシェル・ペリーはピンクスエードとブラックのグレインレザー、2色の新作を創りだしました。
主役級の存在感を放つピンクと洗練のブラック。自由とオリジナリティ、ジェイエムウエストンのローファーが持つ2つの側面を体現するスタイルです。

LE MOC’ WESTON 2017 FOR WOMEN

続きを読む
閉じる
2017年4月

2017春夏、ル・モックにアクティブでスタイリッシュな新色が加わりました。
やさしい輝きをまとったパウダーピンク、ネイビーとゴールドがローファーのエレガントなフォルムを際立たせます。
都会的なスタイルに自由と軽快さを与えるカラーリングが加わり、今年のル・モックコレクションが完成されました。

眠れる紳士

続きを読む
閉じる
2017年3月

ジェイエムウエストンは映画製作への情熱を再燃させました。タイトルは"Le Beau Dormant"、眠れる紳士。
ダンサーのアレクシア・ジョルダーノが演技を、ミュージシャンのオクシモ・プッチーノが監督を、フランス映画界の新たなスター、オマール・シーが現代的な眠れるプリンス・チャーミングを表現します。
ジェイエムウエストンの新たなアイコンシューズ、ル・モックはショッキングピンクのスエードで映画を彩ります。


NEW SHOP OPEN 松屋銀座

続きを読む
閉じる
2017年2月

2017年2月17日(水)に松屋銀座5Fメンズフロアに新店舗をオープンしました。シューズからバッグ、革小物までフルラインを揃えた店舗ではジェイエムウエストンの世界観を存分にお楽しみいただけます。オープンを記念して、これまで日本国内の展開をしていなかったタッセルローファーが新たに登場します。

J.M. WESTON FOUNDATION AWARDS

続きを読む
閉じる
2017年2月

皮革及び靴制作に携わる職人の技術訓練をサポートすることを目的に活動しているジェイエムウエストン財団。この度、日本とフランス、古くから職人文化が根付いている2つの国に注目し、日仏間のインターンシップ制度を立ち上げました。コンパニオン・ドュ・ドゥヴォワールとのパートナーシップの下、若い日本人・フランス人職人が異なる文化や経験を共有することで各自の技術向上へと繋がるよう支援します。

NEW SHOP OPEN 阪急メンズ大阪

続きを読む
閉じる
2017年2月

2017年2月8日(水)より新たに阪急メンズ大阪1F紳士靴売場にジェイエムウエストンが加わりました。ブランドの象徴となっているローファーはもちろん、ビジネスシーンに最適なレースアップシューズなども取り揃えた充実のラインナップ。

新作スニーカー

続きを読む
閉じる
2017年2月

ジェイエムウエストンより、新作スニーカー"ヴィンテージトレーナー”が発売となります。
ミッシェル・ペリーが新しく創り出したのは、レトロな雰囲気をまとったカラフルなスニーカー。ホワイトのポイント使いやハニーカラーのラバーソールが軽快でスポーティな印象です。
確かなレザーワークや細かなディテールからは、ノウハウや控えめなエレガンスといったブランドのコードが伺えます。
グレインレザーとスエードレザーの計5色のカラーバリエーションで、ジェイエムウエストンのスマートなカジュアルスタイルに幅広い選択肢を加えます。

楽しく華やかなホリデーシーズンの幕開け

続きを読む
閉じる
2016年12月

ジェイエムウエストンから、ホリデイシーズンに向けたシューズとアクセサリーのセレクションをお送りします。 定番スタイルから新しいモデルまで、寒い冬の暖かなカラートーンをお楽しみください。

ベーシックへの回帰

続きを読む
閉じる
2016年11月

この冬、ジェイエムウエストンは原点ともいうべき象徴的なスタイルへと立ち返ります。現在の視点で捉え直すベーシックは、ひねりの効いたタイムレススタイル。

シグニチャーローファーにゴルフ、ハント、サイドゴアブーツ。様々なバリエーションを提案し続けることで、これらの伝説的なシューズは世代を超えて常に生き生きと輝き続け、世代から世代へと受け継がれていきます。

ジェイエムウエストンの最新オックスフォードシューズ

続きを読む
閉じる
2016年11月

ジェイエムウエストンのアーティスティック・ディレクター、ミッシェル・ペリーにより、クラシックシューズがモダンに生まれ変わりました。300トゥキャップ
オックスフォードシューズはこの秋を代表するモデル。スムースカーフやスエードカーフにラバーソールを組み合わせた、くつろぎ感漂うアーバンエレガンスを体現するデザインは、ウエストン通には見逃せないアイテムです。
1930年代からメゾンのアイコンとして愛されてきた300トゥキャップ オックスフォードシューズ。足にパーフェクトにフィットするタイムレスなメンズスタイルの、クラシックなフォルムが描く隙のないラインは、不要なディテールを施す余地を残しません。なめらかなラウンドトゥを飾るダブルステッチのスクエアチップが、ユニークで洗練されたデザインを印象付けます。
いつの時代もファッショナブルなトゥキャップ オックスフォードシューズは、時代とともに新たなカラーやレザーワークでアレンジを重ねてきました。そして2016年、ミッシェル・ペリーが新たなスタイルと着こなしを念頭に、再解釈に挑みました。そのコンセプトは、既成概念にとらわれず、クラシックデザインを独自のスタイルとして取り入れることを楽しむ、大胆で自立した現代の男性のスタイルにふさわしいデザイン。
リモージュのジェイエムウエストン工場でデザインされた最新のトゥキャップ
オックスフォードシューズはクレープラバーソールを採用。柔軟性に富む快適な履き心地で、従来のレザーソールよりも活躍の場が広がります。限定的ではなく、自由なおおらかさに立脚したスタイル。シューズのフォルムは従来のままに、オックスフォードならではのミニマルなデザインを、光沢を放つシルクのようになめらかなレザーが引き立てます。スムースカーフはブラックまたはバーガンディ、カシミアを思わせる風合いのスエードカーフはネイビーブルーとキャメルでご用意。暖色系のパレットが秋のスタイルへといざないます。ラバーソールを使用した新作トゥキャップ オックスフォードも、オリジナル同様グッドイヤー製法を採用。ヌメ革またはブラックのウェルトには、
ジェイエムウエストン自社タナリー、バスタンで製造されたレザーを使用しています。

一つひとつのディテールが、風格やこなれ感として結実したモダンスタイルの新作モデル。クラシックスタイルを我が物として楽しむ、自立した男性のシンボルです。

"FADE OUT" BY CITIZENS!

続きを読む
閉じる
2016年10月

夜の闇に包まれたパリの街。荒廃した教会やカタコンベ、怪しくも魅惑的な街を散策するイギリスのバンドCitizens!の4人のメンバーたち。ジェイエムウエストンのシューズが、魅力的で危険な出会いへと彼らを導きます…

トマ・ティマンの監督のもと、ヴォーグ・オムとジェイエムウエストンが制作した「FADE OUT」のミュージックビデオでは、ホラームービーを彷彿とさせるような幻想的な世界へ入り込んだCitizens!を見ることができます。 遊び心あふれるオフビートのビデオの中で、4人のミュージシャンたちがウエストンの男性像を体現しています。ほんの少し冒険好きで、魅力的で、そしていつでもエレガント。


Opening of Gaumont boutique

続きを読む
閉じる
2016年10月

ジェイエムウエストンは2016年10月3日より、シャンゼリゼ大通り50番地に位置する映画館「ゴーモン アンバサッド」で独自の映画の世界を演出します。パリの有名な映画館が新しい歴史の1ページをめくる前に、ジェイエムウエストンは映画の世界に入り込み、これまでにない新しい体験 - 映画館の暗闇の中のポップアップストア - を提案します。

ゴーモンとジェイエムウエストン、フランスを代表する2つのメゾンの出会いは、偶然ではありません。19世紀末に誕生した2つのメゾンは、それぞれの分野でフランスらしい文化を深めながらその開拓者として第一線を走り抜けてきました。両メゾンは創造性とエレガンスという考え方を守り続けており、クラシックとモダン、伝統の精神と現代的なムードを混ぜ合わせ、人々から愛される物を生み出してきました。ゴーモンと同じく、ジェイエムウエストンは、自己実現を目指す人達が自由に成長していく道のりを共に歩み、特別な人生を送るパートナーとなるべく、その独自性を創りあげてきました。

ロシ・アニマ建築事務所デザインによるこの新しいコンセプトストアでは、現実から離れ、本物の価値とこれ以上ない贅沢が混じり合った空間を提案します。まず、旧映画館のウィンドウ全体が展示空間に変身します。入口のホールでは、ジェイエムウエストンの主要モデルが、メゾンを象徴するフライトケースに入れられて展示されます。旅を彷彿とさせるこの展示は未来へと続く道のりだけでなく、ジェイエムウエストンのスピリットも描き出します。スペシャルオーダーのサービスには、メゾンの伝説を作り上げた「コンサルティング」という伝統にふさわしい、別のサロンが用意されています。その後、お客様にはメイン階段をのぼっていただきます。階段の上には、試着室に変身した広々とした空間が広がります。降り注ぐ明かりに照らされ、モデル名が刻まれた真鍮のプレートを前に、映画の1シーンのようなオーラに包まれる数々のシューズ。ここでは、シューズこそが映画スターなのです。


TOMORROWLAND EDITION

続きを読む
閉じる
2016年9月

ジェイエムウエストンの定番サイドゴアブーツに、3種のスペシャルエディションが登場。ナチュラルカラーのウェルトにブラックボックスカーフ、ベージュスエード、グレースエードのアッパーを合わせたカジュアルな表情のサイドゴアブーツです。インターナショナルに展開する日本発のセレクトショップ、トゥモローランドのNY店オープンを記念して昨年発売となったこの3種のブーツが、青山店を含むジェイエムウエストン直営店世界4店舗(青山、サントノレ、マレ、ニューヨーク)でも10月1日より展開となります。

「パリ」限定バージョン、ル ボン マルシェ リヴ ゴーシュ

続きを読む
閉じる
2016年9月

ボンマルシェ百貨店での「パリ!」展を記念し、ジェイエムウエストンのアーティスティック・ダイレクター、ミシェル・ペリーは、ハンドブレイデッドカーフスキンレザーのワンカットオックスフォードシューズを誕生させました。

パリジェンヌのカジュアルシックスタイルからインスパイアされたブルーとホワイトの編み込みレザーにラバーソールを合わせ、ジェイエムウエストンの描く自然でエレガントな女性像を完成させました。

ボンマルシェ百貨店限定モデルです。

夏の名残を楽しむカラーリング

続きを読む
閉じる
2016年9月

J.M.Westonは、定番のシグニチャーローファーで初めて異素材をミックスしたコレクションを発表します。夏の名残が残る美しい日々をさらに楽しくしてくれる3色の新作ローファーです。優しい光が都市の風景を詩的に包み込むあたたかな雰囲気からインスパイアされたコレクションは、ネイビーブルーとボルドー、ブラウンのブリリアントトーンで構成されています

都市と自然にオマージュを捧げたこのコレクションの舞台となったのは、パリ、ニューヨーク、そして東京。ボルドーはカフェの赤い庇やキャバレーのネオンが輝くモンマルトルの眠らぬ夜を、ネイビーは東京、青山の現代的な建築とそこに映り込む青空を、そしてブラウンモデルはニューヨークのセントラルパークの秋の優しさを表現しています。

1946年に誕生し、生まれ変わり続ける180ローファー。国境や大陸を超えて愛され続けているモデルです。

ル・モックで歩くパリ

続きを読む
閉じる
2016年7月

リモージュのワークショップから届いた最新の「ル・モック」には、さりげないエレガンスと小気味よさを漂わせる、パリの魅力がふんだんに詰まっています。

ディレクターのAlexandre Jonette(アレクサンドル・ジョネット)とともに、ジャーナリストのFrançois Simon(フランソワ・シモン)は、メゾンのしなやかなローファーを初めて身に着け、パリの名所へといつものように繰り出しました。鮮やかなル・モックの色合いが、きらめく街の灯りに呼応します。




LE MOC’ IS THE LIMIT

続きを読む
閉じる
2016年7月

この夏、ジェイエムウエストンのル・モックは、青空に雲がマーブル模様を描く爽やかな空の下、まばゆいばかりの色合いを街に加えます。

信じられないほどしなやかでこの上なくエレガント。ル・モックなら極限の素早さと軽さが手に入ります。

この夏、自由に飛び立つためのアイテム…

DANCE WITH LE MOC’

続きを読む
閉じる
2016年6月

ジェイエムウエストンは、ル・モック・ウエストンの2016年バージョンを独自の視点で表現してもらいたいと、フォトグラファー及び映画監督として活躍するJames Bortにカルト・ブランシュ(白紙委任状)を手渡しました。その自由な発想でダンサーの友人達、「彼のバンド」とともに彼自身の世界を表現しました。.

Opening of Le Marais boutique

続きを読む
閉じる
2016年4月

ジェイエムウエストンから嬉しいお知らせです。パリのArchives通り46番(46 rue des Archives)に新しいブティックがオープンしました。歴史的にも有名で、常に創造と自由の風が吹くマレ地区の中心に位置します。

シンプルな内装でまとめられた新しいブティックは、モダンにまとめられた雰囲気の中にアトリエのテイストを盛り込み、ジェイエムウエストンのコレクションのエッセンスを表現しつつ、職人が誇るノウハウへの敬意を表しています。

石の壁に梁を活かし、工場のものを思わせる細いラインが入った木製のテーブルを用いた、エレガントでナチュラルなブティック。信頼性と現代性を追求した、時代を超越した他にはない世界。どこまでも自由に、フランスらしく、生意気に。このブティックは私たちの価値観を忠実に表現しています。

パリはバレエ

続きを読む
閉じる
2016年4月

パリの空の下、Mathieu Ganio(マチュー・ガニオ)は、途中でいなくなったダンサーの代役として時間通りにオペラに着くために走ったこともあると言います。

マチューはアドリブでステップを踏みながらパリの街中を駆け抜けていきます。彼を待ち受ける様々な障害がウォーミングアップとなり、本人も意図していなかった即興のバレエが生まれました。そして、最終目的地のセーヌ川に続く道のりへと飛び立ちます。

ヴォーグが作成したこの映画は、パリ・オペラ座のエトワール、マチュー・ガニオをフィーチャー。彼の持つユニークな才能とスタイルが、今日のジェイエムウエストンの洗練された男性像を体現しています。力強いパーカッションと石畳を行くル・モック・ウエストンの絶妙なバランスが、この終わりのない熱狂のダンスにリズムをもたらします。

自由に、歩くことを楽しむ。ジェイエムウエストンが可能にするそんな楽しみに、優雅さと軽やかさを調和させたマチュー。彼のようなエトワールダンサーの他に、誰にそんなことができるでしょうか。

INTRODUCING LE MOC’ WESTON 2016

続きを読む
閉じる
2016年4月

メゾンを代表するアイコン的存在のローファー180に着想を得たル・モック・ウエストンが2016年に戻ってきました。女性達への想いを込めて提案する、初の女性のためのル・モックです。夏らしい様々な色合いや柔らかいレザーで展開するル・モック・ウエストンの2016年バージョンは、世界中を旅できるような、軽くて快適なローファーです。

イヴ・クラインに捧げるオマージュ

続きを読む
閉じる
2016年1月

1928年4月28日にニースに生まれた、イヴ・クラインは、私の最高に美しい大作に穴を開けようとした鳥を恨む思いの延長上に、幼少時代から地中海の空と海のブルーに魅了されてきました。このインスピレーションが、アーティストとしての彼を導いてきました。1956年の秋、「ブルーの最高の表現」と賞賛する明るく、濃いブルーを使った作品による彼の「ブルーの期間」が始まりました。

ブルーを浸したスポンジや彫刻を媒体にしたのと同様にこのカラーがモノクロームのキャンバスにとなりました。イヴ・クラインは、名前の下に「イヴ・ル・モノクローム」で有名になりました。1960年に、その色の濃度を最大限に高めることができる特定のベースと色素をブレンドした “インターナショナルクライン・ブルー”の特許を取りました。

インターナショナルクライン・ブルーは、1962年6月に34歳の若さで突然の早すぎる死を迎えたアーティスト、 イヴ・クラインの伝説に今もなお生き続けています。彼は 強さ、大胆さを持ち、新しい世代のアーティストやファンにインスピレーションを与え続ける作品を残しました。

条件にマッチする商品はありません。